麻雀のルール

麻雀の上がり牌【役満一覧】

現在ではオンライン麻雀の普及によって、はじめての人でも周囲に迷惑をかけずに麻雀を覚えられるようになってきています。

ここではビギナー憧れの役満一覧を示します。

国士無双は、13のバリエーションがる19字牌をすべてそろえて、そのうえ1つをアタマにしたものです。

アタマ待ちの状態にすると13面待ちになり、あがるとダブル役満です。

大三元はハクとハツ、チュンの三元牌をすべて刻子か槓子にした役で、食って食わなくても成立です。比較的狙いやすい役で、ダメだった場合には小三元にグレードダウンすることも可能です。

字一色は字牌だけで完成させる役です。順子はつくれませんから、対々和か七対子になります。

これも大三元と同じく食っても食わなくても役満です。

緑一色は文字通り、6種類ある緑色の牌だけで揃える役です。

英語に訳してオールグリーンと呼ぶ人もいます。あがったときのビジュアル面でのインパクトが大きいです。

四暗刻は暗刻または暗槓を4つとアタマを揃えた役です。くわえてアタマ待ちの状態からあがると、四暗刻単騎というダブル役満になります。

シャンポン待ちになった場合にはツモれば四暗刻、ロンあがりなら対々和と三暗刻です。

四槓子は4つの槓子を揃える役で、最後に持ち牌1つの裸単騎で待つことになります。食っても食わなくても役満で、すべて明槓で槓子を揃えるのでもかまいません。

大四喜は4つの風牌をすべて刻子か槓子にする役です。前述の四暗刻や字一色もつくとダブル役満、トリプル役満に発展します。

小四喜は大四喜と似て非なるもので、3つの風牌を刻子か槓子にし、アタマも風牌で揃えたものです。残る1つは順子でも刻子でも問題ありません。

九蓮宝燈は1種類の数牌だけでつくる役で、1つずつ必要なのは2から8、3つ必要なのは1と9です。それに1から9のいずれかをアタマとしてつくります。

めったに目にできない役で、アタマ待ちすなわち9面待ちからあがるとダブル役満です。

清老頭は老頭牌いわゆる19牌だけで対々和を完成させるものです。

老頭牌は6種類しかないにも関わらず、そのうち5種類を使うので成立は非常に難しいです。狙える場面もめったにありません。

天和は親の人が配牌の状態であがることです。発生確率はとてつもなく小さく、もしあがると交通事故に遭うとも言われています。

とてつもなく運がいいことの例えに使う人もいます。

地和は子の人が最初のツモであがることです。ただしツモの前に誰かが鳴いていたら不成立になります。

この役と天和は理牌が遅いと見逃す羽目になるので注意が必要です。