麻雀のルール

麻雀の上がり牌【ローカル役満一覧】

“麻雀には、低確率で一発逆転することのできる役満があります。オンライン麻雀では一定の決まったものしかありませんが、自宅や雀荘ではローカル役満という非公式のものがあり、名称に洒落が効いているものから、仲間内のオリジナルのものなどさまざまです。

有名なローカル役満一覧は、公式ルールではほとんど採用されることはありませんが、広く知られているものも多くあります。

大車輪は、ピンズの2から8を対子に7組で揃えることで成立します。

ローカル役満の中でも特に知名度の高いもので、筒子をたくさんの車輪にみえるため、大車輪という名前がついています。通常のルールでは、メンゼン清一色二盃口ピンフタンヤオが合わさり三倍満となります。

一色四順は、同じ種類の順子を4つ集めることで成立です。

二盃口を同じ牌で2セット集めたものと言った方が分かりやすいかもしれません。下位役には、同種の順子を3つ集めることによって成立する一色三順とよばれるものもあります。

またの名を四連太宝とも言い、麻雀研究家の浅見了さんによって考案されたとも言われています。

大七星は、白発中東南西北の字牌をすべて2枚ずつ使う、字一色でありながら七対子の形にしたものです。

ただしこの場合ですと、通常のルールでも字一色の役満になります。そのためローカル役満としては、ダブル役満として点数を数えることもあります。

花鳥風月は、四字熟語にもありますが、麻雀のローカル役満の場合は、牌を四字熟語の漢字に見立てます。筒子の5を花、索子の1を鳥、東南西北の自風牌か場風牌を風、筒子の1を月として表現しています。

花鳥風月と同様に漢字四文字に見立てているのが、風化雪月です。東南西北の自風牌か場風牌を風、筒子の5を花、白を雪、筒子の1を月として表しています。

四連刻は、連続した4つの刻子を揃えることで成立するものもあります。6から9の連続する4つの刻子を揃える必要があります。

これらの他にも大車輪系や石高系、交通系やアメリカ生まれのもの、特殊なものから緑一色の派生形などさまざまです。

ローカルという名前だけあって、一般的に有名なものからほとんど知られていないものまで多岐にわたります。

そのためローカル役満は、気心の知れた仲間内とのみで使うとよいでしょう。

初めての人と打つときに採用すると、あいまいな定義であったり、地域によって微妙な差異があったりなどし、トラブルの原因となることもあるため注意が必要です。