麻雀のルール

麻雀の上がり牌【ダブル役満一覧】

オンライン麻雀で遊ぶにあたってまず初心者が気にすることは、上がりを目指すことです。

上がりとなる牌を上がり牌といい、上がり方にはロンとツモの2種類が存在します。

上がりの定義は、一部の役には基本的には1つの頭となる対子のほか4つの順子・刻子・槓子で上がりが成立したと判断される場合に上がりとなります。

基本的に覚えておいたほうが良い役は、リーチ・ツモ・役牌のほかピンフ・タンヤオ・ホンイツ・チートイツ・トイトイなどです。

簡単に説明をすると、リーチは上がり役になるまであと1枚の場合にポン・チー・ミンカンで鳴かなかった場合にかけることで成立する役でリーチのときには「リーチ」と宣言をして千点を出す決まりです。

そして、ロンと呼ばれる他のプレイヤーが上がり牌を河に捨てた場合にロンと宣言をして上がりとなる牌を出したプレイヤーと点数のやり取りをすることでその局は終了となります。

ツモは、同じく鳴かなかった場合に上がり牌を自力で引いてきたときに成立する役です。

こちらは、ほかのプレイヤーが全員点数を上がったプレイヤーに支払います。

役牌は、字牌を鳴いたときに成立することが多いです。例としては三元牌はポンで鳴いただけで成立し、場風が東場であれば、東を鳴くと役として成立します。

ピンフは、1つの頭に4つの順子を鳴かずに作った場合に成立する役です。

ポンなどで鳴かずに作った役をメンゼン役といいます。タンヤオは、1つの頭と4つの順子・刻子・槓子で構成するうち字牌と1・9牌を抜いた場合に成立します。

ポンやチーで鳴いても良い役です。

ホンイツは、字牌と一種類のマンズ・ソーズ・ピンズのみで作った役ですがそこから字牌を抜くとチンイツとなります。

トイトイは、1つの頭に4つの刻子で構成する役です。七対子は7種類の対子だけで作る特殊な役であり、鳴いたら当然ながら成立しません。

役を目指すうえでもっとも出にくいと言われる役を役満役といいプレイヤーにとっては役満を上がることは、誇りになります。

役満役にはダイサンゲン・コクシムソウ・スーアンコ・ショウスーシーなどの種類があります。

なかなか出にくい役満もあり、なかなか役満自体がそもそも目にすることがありません。

また、役満の中でも特に出にくいと言われる役で上がりになった場合は、その役満をダブル役満として取り扱うこともあります。

ダブル役満一覧については雀荘やオンライン麻雀によって扱いが異なる面もありますが、ダイスーシー・コクシムソウ十三面待ち・スーアンコタンキなどが該当する場合があります。

ただ、ダブル役満をなしにしているところもあり気になった場合には運営元に問い合わせておくと良いです。

オンライン麻雀上で役一覧は表記されているので確認してから打つようにしましょう。