オンライン麻雀ガイド

オンライン麻雀は税金がかかる

オンライン麻雀においては、代金を支払うものがほとんどです。

収入を得ることを目的としていないのであれば、税金はかかりません。ただしそこでお金を賭け、勝つことによって収益を得た場合には、一定の金額から税金がかかることになります。オンライン麻雀で得た収入は一時所得として計上されるためです。

税金がかかるかどうかの基準としては、例えばネットで麻雀を100万円分プレイしたとします。

そして、年間300万円の収入があった場合においては、その300万円から100万円を引いてそこからさらに50万円を差し引いた150万円が一時所得とみなされます。50万円は一時所得が適用される場合の控除額です。

オンラインを使用した賭け麻雀で獲得した利益には所得税が発生しますが、所得税として支払うのはこの一時所得の半分であるため、最終的に75万円が所得税の支払金額ということになります。

そのため、オンライン麻雀で稼いだ金額が50万円未満の場合には課税対象とはなりません。

ですので、その文は確定申告を行わなくても大丈夫といえます。

ただし、注意点もあります。ますは、オンライン麻雀以外の稼ぎがある場合です。

株などの投資で得た収入も併せて支払う必要があり、たとえオンライン麻雀で得た金額が50万円に満たなくても株などの投資で得た収入と合わせて50万円を超える場合には、支払う必要を生じますのでこの点は覚えておくようにしましょう。

会社勤務の方で給与収入以外の収入がある人は、忘れずに確定申告をする必要があります。

できれば、お金の管理のために確定申告をする必要がなくても収入を得た場合には申告をしておいたほうが税務署の職員からの印象はスムーズとなります。

会社員の場合は毎年1月あたりに会社から源泉徴収票が発行されますので、まずは必ず受け取ってきちんと保管しておくと良いです。

そして、源泉徴収票を管轄の税務署に持って行って、麻雀オンラインで獲得した利益と合わせて確定申告を行うようにします。

税金を納めなかった場合には、後日遅延金を合わせて督促されることになってしまいます。遅延金は結構高めであるため、必ずその前に納税をしておくことが重要です。

やっておくべきことは、確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄で「普通徴収」にチェックを入れることで、自宅に住民税徴収書が届きます。

これをチェックしないと会社に住民税徴収書gは届いてしまい、会社からの収入のほかに別の収入があることがばれることもありますので注意しましょう。